就学支援

奨学金

日本学生支援機構
日本育英会が前身であり、その原資は国の予算ならびに卒業生の返還金で成り立っています。人物・学業ともに優れ、かつ健康で収入等が一定金額以下の学生が申請できます。
立正大学橘奨学金
立正大学石橋湛山記念基金に基づく奨学金で、在学期間中、年度ごとに申請できます。
国費外国人留学生(研究留学生)
各地の日本大使館等で実施されている試験の合格者のほかに、本研究科の入学試験に合格した、あるいはすでに在学している外国人留学生が、大学推薦で採用される道があります。
私費外国人留学生学習奨励費
日本の大学(大学院を含む)に在籍する私費外国人留学生で、「留学」の在留資格を有する者が申請できます。

学業サポート

論文投稿等助成制度
本研究科博士前期・後期課程在学中に投稿し、在学中ないし修了・退学後3年以内に論文が公刊された方に対して、投稿費用等の一部の助成を行っています。
学会発表交通費補助
本研究科博士前期・後期課程在学中の大学院生を対象に、学会発表に伴う交通費の補助を行っています。
院生の研究スペース
大学院生が研究活動のために利用できる院生室があり、コンピュータや実験設備、GIS環境なども整備されています。
ティーチングアシスタント
実験実習科目やフィールドワークなどの指導補助として、平均で年6万6千円程度の報酬が得られます。
研究費補助制度
図書資料費および消耗品費の補助制度があります。

就職支援

地球環境科学研究科は、立正大学キャリアサポートセンターとの連携により、大学院生に対する積極的な就職支援を行うとともに、研究科独自でもキャリアパスに関する講演会等を実施しています。キャリアサポートセンターでは、最新の求人情報の提供・OBやOGによるアドバイス・Uターン情報の提供・各種就職関連資料や問題集等の閲覧と貸し出しを通常の業務としていますが、このほか進路や資格•免許に対する個別相談業務も行われています。

大学院生の修了単位への認定はできませんが、キャリアサポートセンターの開設する「インターンシップ」などの科目の受講は可能です。このような科目以外にも、公務員試験対策講座や教員採用試験対策講座が開設されています。