環境システム学専攻

学びの特徴

本専攻は、地圏環境学・気圏環境学・水圏環境学・生物圏環境学・地球環境情報学の5つの分野からなり、それぞれの有機的連携のもとに、学際的で、創造性があり、かつ社会的なニーズにも応えられる「夢とアイデアのある環境科学者の育成」を目指した研究・教育を行っています。

地圏環境学分野では、野外における観察・計測・観測・試料収集、室内での各種分析により、数十万年(地盤運動)から数年(地すべり・崩壊)までの長・中期的な地形・地質環境変動の実態解明、また土地環境の管理や防災に関する研究も行っています。

気圏環境学分野では、大気水圏循環から都市気候まで様々なスケールの気候環境変動や、環境問題として重視される温暖化や大気汚染などを対象とし、その実態を認識するとともに、健康への影響解明に関する研究も行っています。

水圏環境学分野では、湧水・河川・湖沼などの水域や地下水を対象に、水収支、化学分析・同位体分析による地下水流動解析、水循環に関するモデル化、環境汚染の実態と原因究明および調査研究手法の開発、環境汚染史の解明などの研究を行っています。

生物圏環境学分野では、生物圏の構造と機能を対象として、野外調査と室内実験を通して、陸域ならびに水域生態系における生物と環境との相互作用の解析、野生生物の管理や生態系の歴史的変遷などの研究を行っています。

地球環境情報学分野では、ジオインフォマチックス、リモートセンシング技術および環境情報数学の理論と手法にもとづき、具体的な環境情報の収集方法と評価に関する研究を行っています。

以上の研究分野はそれぞれ独立しているように見えますが、「人間と地球環境」と「フィールドサイエンス」というキーワードで一つにまとめられます。そして各分野は、互いにそれぞれの調査・研究手法を学び、情報を共有して研究を進め、その成果について議論し、地域・世界に積極的に発信しています。これが本専攻の魅力であり特色です。

学位

博士後期課程 博士(理学)
博士前期(修士)課程 修士(理学)

博士・修士論文の例

博士論文
  • 中国伊洛河盆地の地下水流動系の解明とその保全について
  • 足尾山地北部古峰ヶ原高原における岩塊堆積地形の形成と最終氷期後半以降の地形プロセス
  • 乾燥地における土壌の生成と劣化のメカニズムに関する研究―新疆ウイグル自治区を例として―
  • 植物季節に及ぼす都市の温暖化の影響―埼玉県熊谷市を例として―
  • 茨城県恋瀬川流域における水収支および物質収支に関する研究
  • 地形を考慮した大気汚染物質の拡散予測技術の検討
  • 棚田における水循環に関する研究
  • 宇宙線生成核種26Al,14Cによる南極HED隕石の落下年代測定
  • 荒川中流部における人為的・自然的インパクトに対する河川地形システムの応答
  • LIDARデータを用いた丘陵地における微地形と植生の関係評価手法に関する研究
修士論文
  • 草地性鳥類のハビタット評価に関する生態学的研究
  • 鎌倉市に生息するタイワンリスの管理を目的とした行動圏および捕獲固体の分析
  • 栃木県宇都宮地域に分布する新第三紀火山岩類の岩石化学的研究
  • 榛名火山南東部の地形発達―更新世末期における2回の山体崩壊・岩屑なだれ発生を中心に―
  • ジオインフォマチックスによる鳥類の生息地評価手法に関する研究
  • 奥秩父山地を源流とする河川水の硝酸イオン濃度に関する研究
  • 河岸段丘堆積物の降雨貯留効果に関する研究
  • 不定期に現れる湧水池の出現条件に関する研究―静岡県浜松市水窪町「池の平」の事例―
  • 関東平野北西部における夏季猛暑の出現メカニズムに関する研究
  • 都市地表面の熱的・力学的効果が局地的大雨に与える影響

進路

博士後期課程
  • 立正大学地球環境科学部
  • 東京学芸大学観光教育実践施設
  • 常盤大学コミュニティ振興学部
  • 独立行政法人国立環境研究所
  • 独立行政法人防災科学技術研究所
  • 埼玉県県土整備部
  • 東和科学株式会社
  • 株式会社北杜地質センター
博士前期(修士)課程
  • 立正大学大学院
  • 千葉大学大学院
  • 北海道大学大学院
  • 牛久自然観察の森
  • 埼玉県公立高校教員
  • 八重洲学園国際高等学校教員
  • 埼玉県公立中学校教員
  • 朝日エンジニヤリング株式会社
  • アールシーソリューション株式会社
  • 株式会社エクサ
  • 国際航業株式会社
  • 株式会社サイサン
  • 株式会社高見沢分析化学研究所
  • 株式会社西原ネオ
  • ハイテクシステム株式会社
  • JR東日本
  • 富士ソフト株式会社
  • 株式会社ライフビジネスウェザー