地理空間システム学専攻

学びの特徴

学部の専門研究分野の上に立って、人文地理学研究、自然地理学研究、地理教育研究、地理情報科学研究の4分野を柱とした人文・自然科学系の専攻です。

人文地理学研究分野は、主として都市地域、近郊地域、農村地域、産業地域の分布・形成・構造などの理論に関する講義群・演習・野外調査から成り立ち、これらの研究を通して、地域計画・地域振興策の提言、地域社会への貢献を目指します。

自然地理学研究分野は、地形・水文・気候等に関する講義群・演習・野外調査から成り立ち、これらの研究を通して地域環境の諸相をとらえます。

地理教育と地理情報科学の各分野は、主として地理環境教育、地理環境認識と発達、地図・地理情報教育など地理情報システムの積極的な導入と学部教育の上に立った応用・実践的なスキルの修得に向けた講義群・演習・野外調査から成り立っています。この研究を通して、環境教育研究の理論と実践の充実を図ります。

また、必修講義科目として、環境システム学専攻と地理空間システム学専攻の専任教員全員による総論が設けられており、毎回各教員がそれぞれの専攻領域の研究課題や展望などについて講義をします。さらに、地理学特殊講義として、毎年専任教員の研究分野と異なる外部からの著名な研究者を招き、幅広い地理学の研究の一助として位置付けています。

その他、中学校社会・高等学校地理歴史の専修免許状を取得できるため、博士前期(修士)課程のみで修了し、教員志望をする院生も目立っております。研究職を目指す院生はさらに博士後期(博士)課程に進んでいます。

学位

博士後期課程 博士(地理学)
博士前期(修士)課程 修士(地理学)

博士・修士論文の例

博士論文
  • 日本における生シイタケ産地の形成と変容
  • 東北地方における港湾の外国貿易機能の変容と後背地との関係
  • 中国内モンゴル自治区赤峰市におけるモンゴル民族と漢民族の共存形態の地域的差異
  • ソ連・ロシアにおける工業の地域的展開―体制転換と移行期の工業立地変動―
  • 日本における醤油醸造業地域の形成と地方産地の存立形態
  • 地域医療計画策定手法の開発と検証
  • 三宅島火山災害に対する行政機関の対応行動に関する地理学的研究
  • 関東地方における野菜生産地域の統合と分化の過程
修士論文
  • 山梨県北杜市白州町における上下水供給システムの地域的変化とその要因
  • 降雨によって発生する大規模崩壊の特徴―埼玉県飯能市大高山を例―
  • 東アジアにおける気団と前線帯が南西諸島の冬季気候に及ぼす影響
  • 地理教育における地理空間情報の活用と教材開発
  • 妙正寺川流域の開発と土地利用の変化過程―住宅地形成の視点―
  • 日本における階状土の形態、構造、形成環境と地形プロセス
  • 埼玉県における学習塾の立地特性
  • 東京都江戸川区における市街地農業の存続プロセス
  • 埼玉県荒川扇状地における地形形成

進路

博士後期課程
  • 立正大学地球環境科学部
  • 沖縄国際大学経済学部
  • 東京都
  • 厚生労働省福岡検疫所
  • 中国・浙江林業大学
  • 水城高等学校教諭(茨城県)
  • 太田市役所
  • (一財)日本地図センター
博士前期(修士)課程
  • 立正大学大学院
  • 跡見女子学園中学校高等学校教諭
  • 和洋九段女子高等学校教諭
  • 富士見中学高等学校教諭
  • 鹿児島県公立高校教諭
  • 秋田県公立高校教員
  • 横浜創学館高校教員(非常勤)
  • 長井市役所
  • 上尾市役所
  • 株式会社東急観光
  • 東京カートグラフィック株式会社
  • 横浜市公立小学校教諭
  • 東京都公立小学校教諭
  • 株式会社読売旅行
  • 東武バスセントラル株式会社
  • 明治安田生命保険相互会社